コレステロール値を下げる

『ジアリルジスルフィド』-

テュービンゲン大学の

一番強い効果をもたらすのは制御物質に働きかけるジアリルジスルフィドであり、肝臓におけるコレステロール生産を引き

下げる。この慎重な調整作用をもつジアリルジスルフィドに対してコレステロール値を下げるとされる医薬品はまるで機械

に投げ入れられたスパナのように、コレステロールが必要とされる場所であっても体中で作用してしまう。コレステロール

生成を完全に阻止し、重要な副産物の生成をも阻害してしまう。精巣、副腎、毛髪、筋肉など、全身が強烈に負担をかけ

られてしまう。ジアリルジスルフィドはこれに対し、コレステロール生成の中心である肝臓のみで作用する。

Strongus の主要な作用物質Prof. Dr. Rolf Gebhardt は2/2006 号の『Natur und Medizin』にこう書いています。

Strongus

カプセルのジアリルジスルフィドは負担をかけず、直接的に作用します。

Strongus

は以下の症状に効果があります。

- コレステロール及び中性脂肪

- 高血圧

- 血液循環不良

- 血小板癒着

- 脳梗塞、心筋梗塞、塞栓を防ぎます-特に糖尿病患者の方に適しています。

水銀、鉛、カドミウム等の重金属の除去